獅子舞飾り 手作りのお正月飾りです 条件付き送料無料
販売価格 1,650円(税150円)
在庫数 ありがとうございます。残り10個です
購入数

輪切りにした青竹の中心にミニ獅子舞いが立ち

生の松や羽などで装飾した小さな獅子飾りです。

玄関やトイレ、出窓などちょっとしたスペースに置ける

山ぼうしオリジナルのかわいいお正月飾りです。

一つ一つ手作りで作っています。

サイズ 高さ15センチほど。
獅子舞いの高さ、5センチほど

竹の下に敷くフェルト付きです。

2個セットでご購入いただきますと送料無料とさせていただきます。
※北海道、沖縄は送料無料にはなりません、ご了承下さい。


■お正月豆知識!

◎獅子舞いとは

獅子舞(ししまい) [ 日本大百科全書(小学館) ] .獅子頭(ししがしら)をかぶって舞う神事的な民俗芸能。獅子頭はおもに雄の獅子の頭をかたどった木製の作り物であるが、トラ、シカその他の場合もある。上古の日本人にとって獅子は現実の動物ではなかったが、空想上の威力ある聖獣であり、除魔招福の信仰の対象であった。獅子舞には渡来脈と固有脈があると考えられ、渡来脈を「二人立(ふたりだち)」、固有脈と目されるものを「一人立」という。二人立は6世紀なかばから7世紀にかけて、大陸から伎楽(ぎがく)とともに伝来したと推定される。752年(天平勝宝4)の東大寺大仏開眼供養に用いられた獅子頭が正倉院に伝存するが、今日の太神楽(だいかぐら)の獅子頭と形状的に大差がない。また7世紀なかばに伝来した舞楽(ぶがく)では、御願供養舞の一演目として演じられており、今日でも大阪四天王寺の聖霊会(しょうりょうえ)舞楽の四箇(しか)法要などにうかがえる。平安期以降は、祭礼の練り風流(ふりゅう)の一つとして、また田楽(でんがく)、神楽などに取り入れられて今日に至っている
(Yahoo百科事典より)


*写真をクリックすると拡大します
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける